構造&伝熱

構造&伝熱

Mechanicalで、サーフェスを通過する全熱を取得する方法を教えてください。

    • FAQFAQ
      Participant

      解析前に、[解析設定] > [出力コントロール]で[節点力]を[Yes]に設定します(次のケース1、3、および4で必要)。 1.インターフェースでの熱流が必要であり、このインターフェースに接触がある場合は、この接触をドラッグして[結果]にドロップし、反力プローブを作成することで全熱を得られます。 2.サーフェスに対して境界条件(温度、熱伝達、輻射)をスコープしており、これらのサーフェスでの熱流が必要な場合は、この境界条件をドラッグして[結果]にドロップし、反力プローブを作成することで全熱を得られます。 3.ケース1とケース2のどちらにも該当しない場合、反力プローブを挿入し、スコープ方法を[ジオメトリ]に変更して、これらのサーフェスをスコープすることで熱反力を得られます。 3番目の方法において、面が、共有トポロジーを介して互いに接続されている2つのボディの間のインターフェースである場合は、この方法を使用できません。 両ボディからの寄与が相反しており、相殺されるため、結果が0になります。 この場合は、次の4番目の方法を使用してください。 4.新しい[ユーザー定義結果]を作成し、この面をスコープします。[ユーザー定義結果]の式としてEHEATを入力します。 結果を評価後、最大値と最小値とともに全熱値が表示されます。